さいたま市 岩槻区 動物病院

混合ワクチンについて

混合ワクチン

ワクチン接種は、感染してしまうと治療が困難な伝染病を予防するために行う注射です。
ワクチンで予防できる伝染病には、高い確率で死亡するような恐ろしい病気も含まれていますので、大切なワンちゃん・ネコちゃんを守るためにも、定期的な予防接種を受けることが大切です。
当院ではワクチン接種後の副作用に迅速に対応できるよう、午前中のご予約をご提案しています。
午前中のご来院が難しい場合には午後1番のご予約などで対応いたしますのでご相談ください。
ご自宅に戻ってから、顔が腫れたり呼吸が苦しくなったりするなどの症状が見られた場合にはすぐに当院までお知らせください。

混合ワクチンの種類
当院では犬6種混合ワクチン・8種混合ワクチン
猫3種混合ワクチン・5種混合ワクチンをご用意しています。

犬6種:

  • 犬パルボウィルス感染症
  • 犬ジステンパーウィルス感染症
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬アデノウィルス2型感染症
  • 犬コロナウィルス

犬8種:
上記に加え

  • レプトスピラ2種

猫3種:

  • 猫汎白血球減少症(猫パルボ)/li>
  • 猫カリシウィルス感染症/li>
  • 猫ウィルス性鼻気管炎

猫5種:
上記に加え

  • カリシウィルス別種
  • 猫白血病

どのワクチンを打ったらいいか分からないという場合には、遠慮なくスタッフまでご質問ください。

混合ワクチンの接種時期

1歳以上の子に関しては基本的に1年に1回のワクチン接種で予防効果を維持できますが、幼齢期に関してはやや複雑です。
仔犬・仔猫の小さな時期は、病気に対する抵抗力と母親から受け継ぐ移行抗体の持続期間を勘案しワクチンプログラムを組み立てることが大切です。
仔犬・仔猫の場合、母親からの初乳を介して、母親の持つ免疫を摂取します(これを移行抗体と呼びます)この免疫は生後1~4ヶ月の間で徐々に低下していき無防備な状態になっていきます。この免疫が低下する時期を見計らってワクチン接種をすることにより、免疫力を高め、病原体を感染させない、あるいは感染しても重症化させない体づくりをするのです。
しかしながら、移行抗体の少なくなる時期には個体差があるため、幼齢期のワクチン接種は、2ヶ月齢を超えたころから1ヶ月ごとに複数回にわたって行い、4ヶ月齢を超えたころに最終接種ができるのが理想です。
飼い始めの予防は覚えることも多いので、ご不安があれば遠慮なくお尋ねください。

ワクチンの副作用

接種直後(数分~30分以内)
アナフィラキシーショック(急性の虚脱、呼吸困難、体温低下、けいれん)など
生死に関わることがあります

接種後72時間以内
顔面浮腫(ムーンフェイス)、発疹、消化器症状(食欲不振、嘔吐、下痢)など

接種後1週間
接種部位にしこり ※通常は時間経過とともに退縮します

接種後3ヶ月~2年
注射部位肉腫(猫のみ)※外科切除が必要です

アナフィラキシーショックは人の花粉症と同様に、いつ起こるかが分かりません。「今まで大丈夫だったから今年も大丈夫」とは言えないのです。
また、注射部位肉腫を除き、発症時間が早ければ早いほど症状は重篤なことが多いです。そのため、接種後しばらくは院内で様子を見ていただくことをおすすめしています。状況の急変が起こった場合は、すぐにお知らせください。

みらいペットクリニック 画像082